STAFF BLOG

キッチンのリフォーム その3

2010.10.22  01. SHOP/WORK  

製作・設計デザイン担当のNAKAです。
前回(その2)の解体工事、下地調整・補修を終えて、いよいよキッチンルームの
内装仕上げ作業へと進みます。
新規に設置するコンセントや移設するコンセント、露出した蛍光灯器具だった照明を
ダウンライトへと変更する配線工事を事前に仕込み、吊り棚を取り付ける壁面には
木製ボードを、それ以外の箇所には不燃性のボードを貼り終えたらフローリング貼り
へと進行していきます。


一段下がった勝手口にドラム式洗濯機が置かれていましたが今回のリフォームで床の
レベルをキッチンと同じ高さに揃えました。これで洗濯の際に低くかがまなくても
良くなりそうですね。

今回使用した床材は床暖房にも対応するLARGOシリーズのオーク3層無垢材、性能も
安定していて、幅148ミリ/長さ1820ミリと幅広で長尺。
貼り上がりの見栄えは文句なしに最高!いつもお世話になっているアルベロプロ社http://www.alberopro.com/の製品です。

下の写真は今回のキッチンリフォームのポイントの一つ、あまり見た目の良くない
既存サッシの手前に化粧窓枠を設けるための枠組み。サッシの交換は内装・外装、
防水工事など費用がかかる部分。サッシそのものが傷んでどうしようもないので
あれば交換もやむを得ない場合もありますが、今回のケースでは必要なし。
手前にもうひと窓設けることで見た目の向上とともに断熱効果も期待。

以前は全面タイル張りだった壁。パイン無垢で製作中のキッチンとのデザイン
バランスと掃除のしやすさなどを考慮してキッチンパネルはアイカ工業株式会社の
不燃化粧板:セラールhttp://www.aica.co.jp/products/n-veneer/cerarl/
白無地をチョイス。つなぎ目もレンジフードの取付け位置にくるように施工します。

次回その4ではクロス工事、そしていよいよキッチン・家具の設置と
いよいよ最終仕上げ行程へ!

 

pagetop