STAFF BLOG

パイン家具を想う

2015.6.19  06. FAVORITE   白金店スタッフ

こんにちは! 白金店 小川です。
低気圧のじめじめ梅雨空が続いていますが、皆さま体調崩されていませんか?

今日は、私があらためて、
嗚呼 パインって  いいなあ~♡ ぽわーん (*´-`*)

とため息したチェストをご紹介します!

石毛さまチェスト1

メンテナンスのためお客様よりお預かりしている 25年ほど前のペニーワイズシリーズのチェスト。

写真では、この質感までお伝えできないのが非常に悔しい!! のですが
新品にはない、なんともしっとりとした木肌になっているんです。
良い材料は、経年で よりその違いが出てくるものですね・・・!
(みなさま、やっすいパイン家具を街で見かけたら、
 ぜひぜひ当店の材質と比べてみてくださいね!ホントに全然違うんですヨ。)

隣にある新品のベッドと比べると、いい具合に飴色に
アンティークオールドパインの雰囲気に近くなっています。

 

石毛さまチェスト3  石毛さまチェスト2

私はペニーワイズに勤める以前、小さな家具工房に勤めていて、
オークやチェリーなど、広葉樹を主に扱って家具を制作していました。
なので、パインという材種については知識が少なく、
正直その魅力も知りませんでした。

が!  パインにしかない味を感じるにつれて、
そして、このチェストのように
実際にお客様のもとで使い込まれた木肌をみると、セツに思うのです!

ああ、パインっていいなあ。。。

日本のトレンドとして根付いた「パイン=カントリー」というイメージだけをお持ちの方にも、その魅力をお伝えしたいと心から思うのです!
アンティークのオールドパイン家具も、ペイントしたりまたそれを剥離したり、部品を交換してあったりとさまざまな歴史を経て、日本へ渡ってきたものが沢山あります。 これがマホガニーやオークだったらそうはいかないでしょう。

針葉樹なので、径は細いし嫌われがちな節は多いしヤニは出るし、
柔らかくて傷もつきやすい。
でも、それさえ呑み込んでしまう懐の深さや大らかさ、それゆえの魅力。

「無垢の家具」というと、値段が高いとかお手入れが難しいとか
ハードルの高さが先立ってしまう方も多いと思いますが、
パイン家具は、もっと自由に捉えて頂きたいなぁと つくづく思っています。

 06石毛さまチェスト4 

 

pagetop