STAFF BLOG

旅の絵本

2010.4.26  06. FAVORITE  

懲りずに旅ネタをもうひとつ、といってもこれは絵本のお話。
子育て真っ最中ということもあり、絵本を手にする機会が増えました。
わが家の絵本の選び方は、
年齢に合わせてということはあまり考えず、
目に付いたら片っ端から手に取り、
これは!と感じたら与えるのですが、
たまにふと立ち止まり、
自分の本棚にそのまま加えてしまうことがあります。
これはその中の1冊。

「旅の絵本」 安野光雅 1977年 福音館書店

ヨーロッパのとある国を主人公の男が旅をしているという設定で、
ページをめくる毎に変化してゆく、淡い色彩の長閑な風景と、
そこに暮らす人々の生活が細かく描きこまれ、
読み進むうち、その主人公に成り代わったような気分へと導かれる、
字の無い絵本です。

この本の魅力はもうひとつ、
絵の中の隠された仕掛けにもあります。
その風景の中に、何やら見慣れた人物が!?
例えばこれ、

落穂拾い

長靴をはいた猫
有名な絵画や物語のキャラクター等がそこかしこに散りばめられているのです。
最初に見つけた時は、なんだこれ?と、笑ってしまいました。
幾つかは見つけることが出来ましたが、彼らはまだまだどこかに隠れていそうです。
Kachidoki 川

 

pagetop