STAFF BLOG

登山 鍋割山編

2010.12.5  02. DIARY  

寒くなってきましたが久しぶりに山へ

冬登山です
神奈川県の比較的近い鍋割山に登ってきました。

さぁ山の入り口です。舗装道から土へ
毎回そうですが、いつもこの入り口がワクワクします。

そして、早々の記念写真。まだ元気いっぱいです

途中の小川で水飲み。
この二人は絶対この後腹壊すだろうと思いつつ、何も言いませんでした(笑)

途中に大量のペットボトルが。これは何・・・と近寄ると。
ボランティアの水運び

頂上の鍋割山荘ではこの水が必需品で!!私達ももちろん運びます。
このボトル・・絶対に大五郎

山には不思議がいっぱいです。
 とにかくキレイにえぐられた穴
もはや芸術と言わんばかりの木の根
トトロのクスノキに辿り着きそうな道
知ってるよとつっこみたくなる山のサイン
訳の分からない石像

とにかく山頂への道のりには色々な物・出来事があります。

そして、この険しく急斜面な道を登れば、目指す山頂です。

山頂の鍋割山荘です。
そして今回の目的の一つ。これが・・・

鍋焼きうどんです。
すごいボリュームで寒い山のなかで身体はもちろん心までも温めてくれました。
このうどんにもボランティア水が使われています。行かれる方は是非山頂まで水を
お運び下さい。途中持たなければ良かったと何度も思いますが(笑)

うどんを食べて元気を取り戻し、山頂で記念写真

下山途中で見つけた穴場スポットの大草原で・・・
たたずむ山ガール(?)

何かを決心した山ボーイ

そして七人の侍を彷彿させる、六人の山侍。
またの名はプチペニ(プチペニーワイズ←登山チーム名)


白金店  さかた
 

pagetop