STAFF BLOG

a manager’s "All Time Favorite"#5

2008.10.29  06. FAVORITE  

秋から冬にかけての朝方、目覚まし時計を止めたその手で枕もとに置いてあるCDプレイヤーを再生する。スピーカーから流れ出る乾いた歌声が優しく僕を夢の中から覚醒へと誘う…。
その歌声の持ち主はもちろんキャロル・キング!秋から冬にかけての、寝起きが大変なこの時期、我が家では彼女のCDが大活躍です。
広尾店でもこの時期になるとキャロル・キングのアルバムをよくかけます。「つづれおり」やソロデビュー前に組んでいたCity名義のアルバム、「カーネギー・ホール・コンサート」、「Fantasy」などなど。でも今回紹介するのはソロ3作目の「Music」。「つづれおり」の大成功後に発表されたからか、リラックスした雰囲気が伝わってきます。ベーシストのチャールズ・ラーキーと結婚したのもこの時期で、このアルバムの録音後まもなく出産したんですよね。ジャケットの写真はピアノでおなかを隠していた、とか。このジャケット、裏も含めて大好きです!
キャロル・キングの声は、家具の上をコロコロと転がっていくような「疾走感に似たもの」があって、重くなりがちなアンティーク・ショップの風通しを良くしてくれるような気がする。それはリッキー・リー・ジョーンズやローラ・ニーロにはない要素だったりするんです。あくまで広尾店でかける場合、ということですが…。
ところでキャロル・キング、来日するんですよね?18年ぶり、でしたっけ。行きたいなぁ!

 

pagetop