STAFF BLOG

cityscape

2008.9.15  02. DIARY  

今住んでいるマンションに引っ越してきて早や3年。新たに家具を買ったり、配置換えを繰り返したりして、ようやく自分の身体に馴染んできました。模様替えは、引っ越してきてからどれだけしたことだろう?変遷をつぶさに撮っておけばよかったな!
そして一歩外に出れば、同じマンションの住人とのあいさつや管理人との四方山話。駅までの通勤路やお散歩コースのバリエーションは増え、名前で店主と呼び合える飲み屋もでき、良心的で在庫の豊富な古本屋に中古レコード屋で時間を忘れることもしばしば。「新たに家具を買った」り、「配置換えを繰り返した」りしたわけではないのに、住んでいる街も
履きなれたジーンズよろしく、だんだんと身体にフィットしてきたような気がします。
こうやって考えてみると、住んでいる街がなじんできたから自分の部屋も居心地がよくなってきたのかもしれないし、またその逆も言えるかもしれない訳で、なんだか「自分の身体に馴染んできた」という視点で捉えると「家」と「街」の境界線が曖昧になっていくような、いかないような。そんな考えがぼーっと頭に浮かんだり、消えたり。
なんだか落としどころが見えない話になってしまいました。
もう秋はすぐそこですね。

 

pagetop