STAFF BLOG

first glass

2016.4.22    白金店スタッフ

DSC_0092

 

大切なお友達の出産のプレゼントに素敵なグラスを用意しました。

コロニアルチェックでも販売している ランプシェードや花器などを

製作してくださっている、ガラス作家酒井由弥さんのグラスです。

 

由弥さんが器づくりを始めたとき、一番最初に作ったグラス” first glass”。

姪っ子さんが生まれたとき”最初に口にする器は手作りのものであってほしい”

と思って作られたのがきっかけだったそうです。

 

少しこぶりに、グラスの底は厚みをもたせて。。

コロンと落としても割れないようにと、しっかりとした仕上がりです。

 

最初はグラスをしっかり両手で握ってジュースやお茶を飲み、やがてお薬を

飲む小さなコップになったり、アイスクリームを盛り付けたり。。

大好きなお花を挿して心を和ませてくれることも、お酒を注いで気持ちを

緩ませてくれる日もくるかもしれません。

 

そんな風にそれぞれの時にあった使い方でグラスと心を満たして1つのグラスと

関わって過ごしていけるように、願いを込めて作られたそうです。

 

 

お友達に女の子が生まれたとき、浮かんだプレゼントがこのグラスでした。

女の子らしく、パールの模様をあしらって グラス底にはお名前をいれて

もらいました。

 

 

DSC_0102

 

 

 

DSC_0109

 

ガラスの粉の調合から独自の方法でされているガラスは透明感が

きれいな美しいグラスです。

 

世界で一つだけの自分だけのコップ。。喜んで頂けますように!

 

(酒井由弥さんは現在はパートナーと始めた、とりもと硝子店で活動中です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetop